キャッシング限度額はあなたのカネじゃない

私がカードローン、キャッシングを利用するきっかけ、それは社会人になりクレジットカードを持ったことです。

通販で物が届くときに代引きの現金を用意しなくてもいい、ポイントが貯まる、スーパーでも小銭を探さなくて良い、使った金額はネットで照会すればいいし、もしオーバーしたら「ボーナス払い」に回して調整すれば…と欲しいものを欲しいだけ購入していたら、月々のカード使用額が手取りの給料よりも多くなることが続きました。

そのようなときに現金が必要な結婚式のご祝儀、こればかりはクレジットカードではなんとかできないと思い、クレジットカードに付帯していたキャッシング機能で五万円、借り入れしたのが初めてのキャッシングです。

そのうちボーナス払いに回したクレジットカードの支払い月になり、支払額を照会すると、ボーナス支給額よりも多い…!○十万もする高級バッグを買ったわけでも海外旅行をしたわけでもないのに、と焦りました。

が、そこはキャッシングにお世話になることに。コンビニで24時間、お金を出してくれるATMの便利さに感謝しました。

半年間頑張った仕事のボーナスを実感することなく支払いに回してしまった虚無感と共に、キャッシングにより助けられたという気持ちが大きく、また月々の支払いが一定である方が家計のやりくりをしやすいという理由でその頃からクレジットカード・キャッシング併せて支払いはリボ払いになっていきました。

しかし困ったのは、キャッシングはあくまで「借金」なのに、いつのまにか感覚が麻痺して「お金をもらった」と思ってしまったことです。

なんとか負の連鎖を脱出しなきゃと思い、何年後かのボーナスで一括返済しました。これまでに借り入れた額は500万ほどだったと思います。

私はキャッシングに関しては全く悪だとは思っていません。生きていてどうしても免れられない痛い出費というのは何回か経験する物です。

ただ、慣れてしまうと怖いのが、自分の収入+キャッシング限度額が自分の可処分所得だと思ってしまうようになることです。

気づいたときにはかなりの額で、しかし周囲にはキャッシングに対して強い嫌悪感を持っている人が多く、相談もできませんでした。

同じくらいの所得なのに、みんなどうやってそんなに堅実な暮らしをしているわけ…?と当時は思ってさえいました。

自分の収入はいくらなのか、臨時で利用するとしたならいくらまでなら苦労なく返済できるか、を考えて利用すればキャッシングは味方になってくれると思います。

このページの先頭へ